WEBデザインが世界に広がる

デザインの見直し

インターネットの普及によって、またPCやスマートウォン、タブレットが普及したことで、多くの人がネット環境一緒に生活をしています。
その中で、インターネット上にホームページやWEBサイトを提供し、情報を発信している人たちもまた、今後増えるユーザーのために自身が作るサイトのWEBデザインについてもっと理解をしなくてはいけないと感じます。

 

思考、作成、実行、検証。この4つの項目を何度も繰り返すことで仕事の出来は向上するといわれています。
確かに仕事をする上で、特に技術職についている人は納得できるとおもいます。
でも、思考、作成の段階で問題がいくつかあります。それは新しく登場した技術や知識、それらをどのように組み込むべきなのか?また、何回この項目を繰り返すことで仕事が完成するのか?

 

はっきり言って、技術は今後もどんどん新しいものが生み出されていきます。そしてそのたびに、WEBデザインを変えてから実行を行い、検証するといった工程になります。
そこで、今後重要となるWEDデザインの構成について7つのことをまとめてみました。

 

役に立つ。
利用できる。
見つかる。
信用できる。
アクセスできる。
望ましい。

 

そして、価値があるのか?

 

 

以上の7つの項目をWEDデザインを作るときに考えてみてください。

ホームページ作成に必須のプログラミング

ホームページを作成するために必要なプログラミングに、「HTML」と「CSS」があります。このHTMLとCSSを最低限コードが「読める」ようになれば、ホームページの制作する仕事をある程度こなすことができるようになります。

 

HTMLやCSSは、ホームページをどのように見せるか、デザインするためのもので、ホームページ上でコンテンツをどのように表示させるのか、HTMLとCSSを使って表現します。

 

HTMLとCSSではコーティングスキルを磨くと、より完成度の高いホームページを制作することができます。

 

コーティングスキルを身につけるには、市販されているHTMLやCSSのノウハウ本で勉強するのもいいですが、実際に公開されているホームページのコピーを作ってみると、多くのことが学べます。

 

コピーというと何だか悪いことをしているイメージがありますが、別に公開されているホームページをコピーして、それで利益を得ようというわけではなく、あくまで練習、新しい技術を身につけるため、コーティングの見本にするのです。

 

新しい技術を知るのに、現在使われているホームページを参考にするのは、コーティングスキルを磨くのに定番の方法です。

 

また、自分だったら、どんな風にデザインするか、コピーしたサイトを自分なりに改良してみたり、コードの記述方法を工夫したりと、色々と試してみるといいでしょう。

 

HTMLとCSSの他にもJavaScriptやjQuery、PHPなど、ホームページを制作するためのプログラミングがありますが、まずはHTMLとCSSのコーティング技術を磨き、その過程で、どのプログラミングを練習していくか決めるといいでしょう。

 

 

見出し:ホームーページのデザインをもっと良くしたい

 

本文:
ホームページデザインをもっと良くしたいと思ったら、画像やホームページに使う素材を自分で準備する必要が出てきます。

 

CSSで見た目を良くすることもできるのですが、それにも限界というものがあり、画像を使うことで、ホームページをもっと華やかに、そしてコンテンツもわかりやすくなります。

 

ホームページで使う画像は、自分で写真を撮影して、それを加工するなどで編集することもできますが、著作権フリーの素材というのもネットにはあり、その素材を有効に使ってホームページの装飾を行います。

 

しかし、どうしても、フリーの素材の中に、自分が欲しいと思った画像がなかった場合、自分で画像を用意しなくてはなりません。

 

その時必要になるのが、画像を編集するツールで、有名なのはPhotoShopやIllustratorがあります。PhotoShopやIllustratorは、多くのWEBデザイナーが愛用するツールで、会社でも導入されているところが多く、使い方を知っておくと、後々便利です。

 

PhotoShopやIllustratorを使って画像を用意することができるようになれば、完成度の高いホームページを自分一人で作ることができるようになります。

 

ホームページを自分で作る方法とデザインの仕方についてここでは紹介しています。